0
¥0

現在カート内に商品はございません。

29件の商品が見つかりました
イル・ファルネートの当主であるマルコ・ベルトーニが、新たに始めたワイナリー。
2003年に1haの土地を手に入れ、自身で植樹から始めたイル・ファルネート。
農薬や化学的な肥料を使用しない農業と、ブドウ自身が持つ酵母のみ、伝統を守るビン内再醗酵によるフリッツァンテ。味わいだけではない、「常にテーブルにある食中酒」としてのレッジョ・エミリアの土地伝統を表現したワイン
を造ってきました。
年を追うごとに畑も増え、樹齢も重ね、躍進の原動力ともいえるトマーゾのサポートもあり、徐々に軌道に乗りはじめました。
しかし、周囲のブドウ農家たちの状況は変わることなく、「むしろこの数年で、さらにひどい状況になりつつある」、と言うマルコ。
「周辺には今でも多くのブドウ畑が残っている。しかしその大半は放棄地や、放棄される寸前の状態にある。
彼らの多くは自分で醸造をする設備を持たず、協同組合にブドウを量り売りにしている。
しかし、協同組合で買い取る価格はあまりにも安い。これでは誰も農業をやろうと思わないし、続けていくことが出来ない、だから手放すしかない。
イル・ファルネートとして成功するだけでは、この地域を守る事はできない。
この土地、地域に残っている、勤勉で誠実なブドウ栽培者たちを支えていかなくては、レッジョのワイン文化、価値を存続していけるのではないか?」
2020年より周辺の良質なブドウ畑、栽培農家と協力し始めたマルコ。
健全で高品質なブドウを栽培してもらい、市場よりも高い価格で買い取る。
そしてそのブドウから、イル・ファルネートと同じ醸造コンセプトでワインを造る。
ワイナリー名は、イル・ファルネートのある周辺地域の古い呼び名であるRio Rocca リオ・ロッカ。
2021年の収穫よりワインがリリースとなります。
自分たちでブドウ栽培をしていない分、よりリーズナブルで日常に寄り添う味わいを目指すというリオ・ロッカ。
またもや嬉しいテーブルワインが一つ加わりました!
カートに追加しました。
カートへ進む

カテゴリ一覧

ページトップへ