0
¥0

現在カート内に商品はございません。

5件の商品が見つかりました
オーガニックではなく、自然を受け入れるという信念
ファットリア・コロンチーノ社は1981年より、ルー チョ・カネストラーリと妻のフィオレッラ・ディ・ナル ドによって設立された。当時から除草剤等を使用する事 のない、自然を尊重する畑仕事を行っていたが、1993年 以降は、施肥も行わないスタイルに変化している。 ルーチョは、施肥は畑の支配だと考える。葡萄樹は、 成長に必要な栄養素を土の中で探しまわり、根を深く伸 ばす。もし、人間が必要なタイミングで、葡萄樹に栄養 を与えてしまうと、葡萄樹は根を伸ばす事を怠り、2次元 的な寂しい味わいのワインにしかなり得ない。もはやそ れは葡萄の味ではなく、肥料の味。葡萄樹に必要な栄養 は、土壌から自然と得るべきだと考える。 人間が畑を支配するのは間違っている。土地の個性、 気候、その年の天からの恵みを、素直に受け入れる事が 大切である。

トップキュヴェ『ガイオスピーノ』
ガイオスピーノの畑は、標高340mの丘にある南西向き の急斜面の畑。ここはその昔、石膏採石場であり、石灰 質の非常に強いマール土壌(堆積土壌)である。樹齢も 30~40年の古樹のみで、地中に深く根が張っている畑。 非常にミネラルの強い葡萄を産み出す。 ガイオスピーノは、その個性を受け止めるためにも、 熟成に500Lのトノー樽を利用している。ヴィンテージに もよるが、アルコール度数も14~15度程度になる事もあ り、長期熟成にも耐えうるポテンシャルを秘める。 反対に、イル・コロンチーノの畑は東から南東向きで、 アドリア海に面した畑。こちらは粘土質土壌が主体であ り、個性が全く異なる。

ワインの吟遊詩人
ルーチョは自分の事を「TROVATORI DI VINI」ワイン の吟遊詩人と言っている。天からの恵み、すなわち葡萄 をその声に耳を傾け、ポテンシャルを最大限に発揮でき るよう、導く事がルーチョの仕事。人為的な介入は極限 まで減らし、ストレスなく葡萄をワインへと変えていく。 テクニカルな話は大嫌い。天からの恵みを素直に受け 止めろと怒られる。毎年、安定したワインなんて望まな いし、出来る訳もない。反対に今回しか造られないワイ ンも、しばしば存在する。

『‘NDO ARIVO METTO ‘N SEGNO』
彼らのエチケットには、謎のメッセージが刻まれてい る。これは古代ローマの哲学的な言葉だそうで、自分達 の考えと似ている事から、好んで書いているらしい。 今のイタリア語だと、Dove arrivo metto un segnoとな り、「私が着く(行く)ところに印を残す」となる。 この言葉に対する彼らの想いとしては、「出来る事は 自然の力を最大限に活用して施すが、やりすぎる事はな い。ただそこに葡萄が存在したという証拠(=ワイン) が残る。天が私達に素晴らしい葡萄を与えてくれた。そ してとても良いワインがここに残った。それ以上でもそ れ以下でもない。」となる。やはり、ルーチョはワイン の吟遊詩人だ。
カートに追加しました。
カートへ進む

カテゴリ一覧

ページトップへ