0
¥0

現在カート内に商品はございません。

2件の商品が見つかりました
バローロ産地のモンフォルテ・ダルバ村にあるのが、カシーナ・グラモレーレ。
1966年に現在の当主の父が創業し、1994年に引き継いだ2代目のクローディオ氏が現在の当主。その妻のカーラ氏と二人三脚ワイン造りを行っています。
所有する畑は平均標高450mにある4.5haで、栽培する2種の品種がグラン・クリュのグラモレーレ畑が広がります。
上段から順にネッビオーロ、ドルチェット。
畑の地質は、粘土石灰質で、栽培は全ての畑で有機栽培を実践。
造られるワインは野生酵母を使用します。バローロについては野生酵母で発酵し、伝統的な大樽で発酵。セメントタンクで熟成を行い、アンフィルターにて瓶詰めを行います。
ワインのスタイルは、ナチュール感溢れる旨み溢れる味わいが特徴。今飲んでも美味しいが、特にバローロは長期熟成により、優雅さあふれるワインに仕上がります。
ワインにクリュ・グラモレーレの記載をしない理由は、「自分たちの畑はすべてクリュだから」とのこと。高級ワインを造る余裕を感じさせる言葉に、プライドと信念をうかがう事が出来ます。
カートに追加しました。
カートへ進む

カテゴリ一覧

ページトップへ