0
¥0

現在カート内に商品はございません。

1件の商品が見つかりました
1860年からカルヌントゥムのゲトレスブルンに畑を所有し、様々な農作物で農場を営んでいたネッツル家。1980年に現当主のフランツ・ネッツルと妻クリスティンが、父から農場を譲り受けたのをきっかけに、本格的にワイン造りを行うようになり次々ワイン用葡萄への植え替えを行っていき、現在28haある畑はほとんど葡萄畑になりました。フランツはルービン・カルヌントゥムの立ち上げと普及に尽力し現在の発展に寄与した地域の顔役的な存在。そして2007年から娘のクリスティーナが、国際ワイン管理とマーケティングをロンドンで学び終え
カートに追加しました。
カートへ進む

カテゴリ一覧

ページトップへ