0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ヴィノ・ビアンコ 2015 / ヴァルテル・デ・バッテ
( Vino Bianco / Walter de Batte ) 8574

¥7,040 税込
商品コード: nomal
カートに追加しました。
カートへ進む

イタリア、リグーリア州ーラ スペツィアーリオマッジョーレ
品種: ヴェルメンティーノ 80%、サンジョヴェーゼ 20% 
白ワイン
樹齢: 30年

ラ スペツィア近郊の畑。早熟なサンジョヴェーゼは収穫後、直接プレス。
完熟を待って収穫したヴェルメンティーノを除梗して加え、約4日間果皮と共に醗酵。
圧搾し醗酵が終わったタンクに、他の白ワインのオリを加えて12か月の熟成。
オリを加える過程を 2020年まで繰り返し、約5年間オリと共に熟成を行ったワイン。
土地由来のミネラル、塩味を持ったヴェルメンティーノにサンジョヴェーゼ由来の酸と軽いタンニン。
オリ由来のうま味。
仰天の手法により生まれる、複雑さとエレガントさを持ち合わせた、魅力的な白。

今回実験的に造られた白が届きました。
昨年カンティーナで飲ませてもらい、衝撃を受けたワインだったのですが。
事の発端は、知り合いの所有する樹齢の高いヴェルメンティーノの畑。
2013年より栽培・醸造を頼まれていたヴァルテル。
畑の自然環境を整え、収穫量を抑えたヴァルテル流の栽培によって、非常に凝縮したヴェルメンティーノ。
結局2015年まで3度の収穫・醸造を行ったものの、当の持ち主が途中で畑を売却してしまったため、2015年はボトル詰めを行わない事態。
そこでヴァルテル、2015年のブドウを買い取り、混植していたサンジョヴェーゼも直接プレスし、ヴェルメンティーノと共に醸造。
そして、カンティーナに残っていた 2020年までのアルモジェ、アルトローヴェ、サラデーロのオリ(オリ引きの際に取り除いた部分)を加え、タンクの中で60カ月の熟成。
瓶内で12カ月の熟成を行ったという、なんともややこしいワインが出来上がりました。
「チンクエ テッレのエリアにあるヴェルメンティーノとサンジョヴェーゼ、黒ブドウを白ワインとして醸造することで、黒ブドウ由来の鋭くも繊細なタンニンを持つ。さらには毎年元気なオリを足し続ける事で、酸化を恐れずにフレッシュな状態を維持しながら熟成を続けられた」、そう話す彼。
根本的に畑も少なく、収穫量も抑え高品質なブドウを収穫する一方、オリでさえも無駄にはできない厳しい現実があります。
それでも諦めず、その中でいかに良いものを生み出すか。
常に追求を続けるヴァルテル デ バッテ、飾りっ気のない白いエチケットに「Vino Bianco」という、シンプル過ぎる名前には彼の正直さが垣間見えます。
ヴェルメンティーノのアロマは、チンクエ テッレを感じる強いミネラルに締め付けられ、個性的で軽快なタンニン。
そこに強い旨味と塩分を感じます。乾いた酸、香りはあるが決して華やかさだけではない硬質さ。想像しがたい難解な醸造方法とは対照的に、美しくエレガント。実験的なワインではありますが、アルモジェやサラデーロとは全く異なる魅力、ぜひ試していただきたいワインです!
数量

カテゴリ一覧

ページトップへ