0
¥0

現在カート内に商品はございません。

キメラ・ビアンコ・フリザンテ・マグナム 2019 / コイ・ディ・フラヴィオ・レスターニ
( Chi Mera Bianco Frizzante Magnum / KOI di Flavio Restani ) 8457

¥5,720 税込
商品コード: nomal
カートに追加しました。
カートへ進む

イタリア、エミリア=ロマーニャーボローニャーヴァルサモッジャ品種: ピニョレット主体、アリオンサ、アルバーナ、他
微発泡白ワイン
樹齢: 30年~
アルコール度: 12.5%

フラヴィオの父が持っていたアルバーナやピニョレットやを含む古いブドウ畑。
10年以上人の手が入っていなかった事は、「最近のクロー ン選抜されたブドウ樹ではなく、古いブドウ品種が残っている証」、と喜ぶ彼。
古いモデネーゼやアルバーナ、そしてアリオンサなど、希少な ブドウが残る畑。
約2年の手入れと休息期間を取り、2019年より徐々に収穫を開始。
ピニョレットは酸が穏やかで果皮が厚い、タンニンを秘めた白ブドウ。
他のブドウ品種も一緒に収穫し、果皮と接触し酵母からの醗酵を見つつ圧搾。
果汁のみで醗酵を行います。まだ若くも、ワイン造りについては素晴らしい技術、感性をもつフラヴィオ。
醗酵の状況を見極め果汁のみを加えて瓶内再醗酵。培養酵母や SO2など完 全に無添加、ブドウのみで表現した微発泡。
一般的にピニョレットのイメージは、軽くフレッシュなタイプが多く、ブドウ自体にもそうした「軽いイメージ」が強い中、コイの表現するピニョレットには、果皮の成熟から感じる香りの高さ、 そして旨味に変わるタンニン。
そして、混植されたモデネーゼやアリオンサは、ピニョレットの酸の低さを補い、ワインにバランスを感じさせてくれます。


ボローニャ側にある放棄されていたブドウ畑。
2年かけて手入れし直し、初めての収穫。古いブドウ樹が混植されている畑。
時期を見極めて合わせて収穫。
除梗せずにそのままプレスし、果汁だけの状態で醗酵。
冷蔵保存しておいたアルバーナのモストを加え、醗酵が再開してからボトル詰め。瓶内で醗酵を終える。
スボッカトゥーラ(オリ抜き)を行わずにそのままリリース。
神話に登場する怪物を意味するキメラ、果皮が厚くタンニンを持つピニョレット、酸が豊富で香りの強いアリオンサ、果皮の色が濃く糖分の高いアルバーナ、それぞれの個性が混ざり合い、際立つ味わい深いフリッツァンテ。

除梗し数時間果皮と共に攪拌、ソフトプ レスにて圧搾。果汁のみの状態で木樽にて約3週間の醗酵。
オリ引き後、木樽 にて10か月、ボトル詰め後6か月の熟成。
暑さだけでなく気温差もある素晴らしいヴィンテージだけに、アレアーティコの熟度は非常に高く、鮮烈な香り、そして豊かな果実の共存した素晴らしい味わい。
数量

カテゴリ一覧

ページトップへ